子どもの車内放置事故防止・置き引き被害にご注意

2018年11月30日

撲滅キャンペーン

 当協議会ならびに全日本遊技事業協同組合連合会、一般社団法人日本遊技関連事業協会、一般社団法人日本遊技産業経営者同友会、一般社団法人パチンコ・チェーンストア協会のパチンコホール関連団体では「子ども車内放置撲滅キャンペーン」として、2013年から諸対策を協調して取り組んでおります。

 本キャンペーンは通年での取り組みであるほか、強化期間を「ゴールデンディークから10月および年末年始」とし、さらに「7月・8月」を特別強化期間として活動するものであります。

 また店内の混雑が予想される時期に入り、お客様の手荷物や利用中プリペイドカードの置き引き、盗難被害の増加が懸念されます。各店舗では来店されるお客様に、掲示物やアナウンスを通じ、普段より一層、手荷物への充分な管理を呼び掛けているところでございます。

 パチンコホールでも、事件、事故を防ぐべく駐車場の見回りや置き引きの注意喚起を行っておりますが、パチンコ・パチスロ愛好家の皆様におかれましても、これら取り組みに対するご理解と、万が一、子どもの車内放置または置き引き犯を発見された際には、パチンコホールへの通報等、速やかなご対応を賜りますようご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

トップへ戻る