子どもの車内放置撲滅キャンペーン

2018年4月20日

子どもの車内放置撲滅キャンペーン2018 

  当協議会ならびに全日本遊技事業協同組合連合会、一般社団法人日本遊技関連事業協会、一般社団法人日本遊技産業経営者同友会、一般社団法人パチンコ・チェーンストア協会のパチンコホール関連団体では「子ども車内放置撲滅キャンペーン」として、2013年から以下の諸対策を協調して取り組んでおります。  

  • 1時間に1回以上の駐車場巡回と、店内放送の徹底
  • 最悪の場合は、窓ガラスを割る等の内容とする、人命救助優先を第一とした対策
  • 店舗責任者および全従業員へ防止対策の周知
  • ホール・駐車場にて「お子様連れでの来店禁止」の表示
  • 新聞折り込みチラシ等、広告宣伝での告知

  本キャンペーンは通年での取り組みであるほか、強化期間を「ゴールデンディークから10月および年末年始」とし、さらに「7月・8月」を特別強化期間として活動するものであります。   当協議会の会員企業におかれましては、巡回のポイントや発見時の対応などの詳細はホームページ「子どもの車内放置撲滅キャンペーン」(http://www.syanaihochi.com/)にて掲載のマニュアルや各種素材をご活用いただきますとともに、車内放置による子どもの死亡事故を根絶するべく、順守励行をお願いいたします。   また、パチンコ・パチスロ愛好家の皆様におかれましても本取り組みに対するご理解と、万が一、子どもの車内放置を発見された際には、パチンコホールへの通報等、速やかなご対応を賜りますようご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

トップへ戻る