受動喫煙対策ブース展示会を開催しました

2019年6月15日

七訂版Q&Aバナー 

 令和元年5月14日、一般社団法人余暇環境整備推進協議会(余暇進/笠井聰夫代表理事・会長)は、東京・港区のホテルインターコンチネンタル東京ベイにおいて、受動喫煙対策ブース展示会を開催した。
 本展示会は同ホテル別室で開催した令和元年度定時社員総会に併せ企画したもので、現在、会員企業各社が2020年4月から施行される改正健康増進法により店内の全面禁煙への対応を進めている中、実際に製品を見ながら情報提供できる場を設ける事を意図したものである。
 展示会当日は企画趣旨に賛同した会員企業10社から協力が得られ、製品展示6社・資料配布4社の展示内容で開場した。午後1時頃から午後3時頃までの2時間という短い時間ながら、200名を超す来場者が訪れ、盛況を納めた。

ダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキスト
ホテルインターコンチネンタル東京ベイ(東京・港区) 会場:カールトン

 展示会への協力各社(いずれも余暇進会員)の情報は次の通り。
(1)SANKYOパーラー事業部「Fパッケージ」(屋外排気)
(2)オーイズミ「SMB-100」(屋外排気)
(3)コスモ・イーシー「スモークステーションT.I」(屋外排気)
(4)西陣「COMFORT CUBE (コンフォートキューブ)」
(5)ニューギン・アドバンス「喫煙ブース(アイリスオーヤマとのコラボ)」(屋外排気)
(6)大都販売「Utility Space 妻板」(屋外排気)
(7)JCMシステムズ「パーソナル分煙ボックス」
(8)ダイコク電機「スモーキングブース」(屋外排気)
(9)マースエンジニアリング「スモークポイント」(屋内排気)
(10)グローリーナスカ「簡易組立式 喫煙ブース」(屋外排気)

 

SANKYOパーラー事業部「Fパッケージ」(屋外排気):選べる6サイズの喫煙室を 店舗の規模やニーズに合わせたカスタマイズができるパッケージ製品。 お問い合わせ先 TEL03-5688-5499
SANKYOパーラー事業部「Fパッケージ」(屋外排気):選べる6サイズの喫煙室を
店舗の規模やニーズに合わせたカスタマイズができるパッケージ製品。
お問い合わせ先
TEL03-5688-5499
オーイズミ「SMB-100」(屋外排気)
オーイズミ「SMB-100」(屋外排気)
コスモ・イーシー「スモークステーションT.I」(屋外排気)
コスモ・イーシー「スモークステーションT.I」(屋外排気)
西陣「コンフォートキューブ」(屋外排気)
西陣「COMFORT CUBE(コンフォートキューブ)」:支柱はアルミ製、パネルには厚さ4㎜の強化ガラスを採用し、デザインは落ち着 いたモノトーン。安全性を保ち、高級感を演出する。設置場所や利用人数に応じて多彩なバリエーションを用意した。ユニット式の組立工法で工期も短い。
ニューギン・アドバンス「喫煙ブース(アイリスオーヤマとのコラボ)」(屋外排気)
ニューギン・アドバンス「喫煙ブース(アイリスオーヤマとのコラボ)」(屋外排気):最大の特徴は、業界最安値を追求した技術力。アイリスオーヤマとの共同開発により低価格、短工期を実現しております。お問合せは、お近くのニューギン販売またはニューギン・アドバンス(Tel:03-5818-2571)までご連絡ください。
大都販売「Utility Space 妻板」(屋外排気)
大都販売「Utility Space 妻板」(屋外排気)
JCMシステムズ「パーソナル分煙ボックス」(屋外排気)
JCMシステムズ「パーソナル分煙ボックス」:『喫煙者のたばこのニオイが、自身の髪、服にすら付き辛い高品質。大型用喫煙室と+1人用併設は、競合店と差別化に。高利便性、ローコスト、狭小空間用、離席時間短縮、女性専用、加熱式専用、スタッフ休憩室用、バックヤード対応、分散設置、間接喫煙回避、二次喫煙皆無、2基連結、複合設置を。』
グローリーナスカ「簡易組立式 喫煙ブース」(屋外排気)
グローリーナスカ「簡易組立式 喫煙ブース」(屋外排気):「1人用~12人用まで10サイズ以上の多サイズ展開。店内の限られたスペースの有効活用が可能。」
マースエンジニアリング「スモークポイント」(屋内排気):スモークポイントは、厚生労働省が脱煙機能付き喫煙ブースに必要な技術的要因である ●総揮発性有機化合物(TVOC)の除去率が95%以上 ●室外に排出される空気における浮遊粉塵量が0.015mg/㎥以下 ●出入口において、室外から室内に流入する空気の気流が0.2m/秒以上 これらをすべてクリアした内気循環型の喫煙ブースです。
マースエンジニアリング「スモークポイント」(屋内排気):スモークポイントは、厚生労働省が脱煙機能付き喫煙ブースに必要な技術的要因である
●総揮発性有機化合物(TVOC)の除去率が95%以上
●室外に排出される空気における浮遊粉塵量が0.015mg/㎥以下
●出入口において、室外から室内に流入する空気の気流が0.2m/秒以上
これらをすべてクリアした内気循環型の喫煙ブースです。
ダイコク電機「スモーキングブース」(屋外排気)
ダイコク電機「スモーキングブース」(屋外排気)

 

画像提供協力:株式会社アミューズメントプレスジャパン

『記事一覧』に戻る

トップへ戻る